運用実績

【運用実績】2022年10月末の資産状況

2022年10月の運用実績

2022年10月末の資産状況です。インデックス投資を始めてから38か月経過後の運用状況になります。

私のポートフォリオはインデックス型の投資信託によるリスク資産と、銀行預金の無リスク資産が大半を占めています。

資産状況

総資産:6,670,915円

  • 銀行預金(青):預金による無リスク・流動資産
  • 投資信託(黃):インデックス投資信託によるリスク・流動資産
  • 確定拠出年金(灰):企業型DC(海外株連動)によるリスク・固定資産

原則60歳まで現金化できない確定拠出年金は固定資産として計算しています。

インデックス投資の内訳

保有している投資信託は主に全世界株式もしくは先進国株式インデックスに連動するものになります。

投資信託の積み立てを始めた2019年は先進国株式に連動する投資信託を買い付けていましたが、さらに投資先が分散されている全世界株式のインデックスを現在の投資先としています。

具体的にはeMAXIS Slim(オールカントリー)を1つだけ積み立てている状態なので、今後は全世界インデックスの割合が増えていく予定です。

現在のインデックス投資の損益

2022年10月末時点でのインデックス投資の成績です。

2022年10月末時点の成績
取得価額(A)2,820,598円
評価額(B)3,263,134円
損益(C=A-B)442,536円
損益率(C÷A×100)15.7%

インデックス投資の推移

現在までのインデックス投資信託の評価額の推移になります。

2019年9月に積み立てを開始してから、順調に運用額が増えていることが改めて実感できました。

10月で運用総額が再び300万円以上になりました。次の目標は500万円到達を目指します。

2022年10月のまとめ

  • 資産総額は約660万円
  • インデックス投資信託の評価額合計が320万円突破

現在の株価は低迷期ではあるけれど、円安のお陰で運用益が増えているような状況です。

今後、為替相場が円高方向に動いた場合には円建てのインデックス投資信託は評価額が下がっていく可能性が考えられるので、心の準備はしておこうと思っています。

今後も長期・分散・積立の3本柱を胸に、ゆるゆるとほったらかし運用に励みます。

-運用実績