ブログの準備

BackWPUpでブログのバックアップを取ろう!設定方法について!

こんにちは、じゅんです!

今回は「BackWPUp」について解説していきたいと思います!

ブログなんて別にバックアップ取らなくて大丈夫でしょ!と思っているそこのあなた!

ブログほどバックアップを取らなければいけないものはありません!

画面真っ白になって頭も真っ白になる前にBackWPUpでバックアップを取っておきましょう!

 

BackWPUpとは?

BackWPUpとは、ブログのバックアップを自動(手動も可)で取ってくれるプラグインのことです!

私はこのプラグインを導入して常にサイトのバックアップを取っています。

ちなみにブログでバックアップをとるものは2種類あります。

①サーバーのデータ

プラグインやテーマなど

②データベースのデータ

記事関連のもの

この2つをバックアップすればサイトがおかしくなった時にすぐに復元することができます。

これを自動でやってくれるのもありがたいのですが、BackWPUpはDropboxにバックアップをとってくれるのも非常に助かります。

恩恵がすごいので使用していない人是非使ってみてください!

まずはインストール

まずは「プラグイン」→「新規追加」でBackWPUpを検索しましょう。

出てきたら「インストール」→「有効化」をクリックします。

BackWPUpの設定方法

インストールすると「設定」の下の方に「BackWPUp」が出てくるのでクリック。

 

「新規ジョブを追加」をクリックします。

サーバーのデータをバックアップする

先ほど冒頭で触れた2つのデータのうち

・サーバーのデータ

こちらを先にバックアップします。

 

①「新規ジョブを追加」をクリックしたら、設定画面が出てくるので上から順に説明していきます。

一般

このジョブの名前 → 分かりやすい名前を付けましょう。私はfile backupにしました。

ジョブタスク → ファイルの役割を選びます。この場合は「ファイルのバックアップ」にチェックします。

 

アーカイブ名 → 分かりやすい名前を付けます。下にプレビューが出てくるので、何のファイルなのかすぐにわかるような名前にしましょう。

アーカイブ形式 → WindowsはZip、MacはTar GZipを選択します。

 

保存方法 → 「フォルダーへバックアップ」を選択します。

メールアドレス・メールアドレス送信元 → そのままで大丈夫です。

エラー → チェックを入れます。

 

次に「スケジュール」を設定していきます。

スケジュール

ジョブの開始方法 → WordPressのcronを選択。

スケジューラーの種類 → 基本を選択。

スケジューラー → 毎週日曜日3時に設定。

最後に「変更を保存」をクリックします。

 

ファイル

3番目のファイルはこのままで大丈夫です。

 

宛先:フォルダ

格納するフォルダー → 分かりやすい名前を設定する。

ファイルを解除 → 15→12に変更する(12は約3か月分)

 

 

保存したら上の方に出てくる「今すぐ実行」をクリックします。

 

100%になるまで待ちます。

 

バックアップされたのか確認する場合は「BackWPUp」→「バックアップ」で確認できます。

データベースのデータをバックアップする

もう1つとらなくてはいけないバックアップが

・データベースのデータ

です。

サーバーのデータと同じようにバックアップを取っていきます。

 

一般

ジョブの名前 → 分かりやすい名前を付けます。

ジョブタスク → 「データベースのバックアップ」と「インストール済みプラグイン一覧」の2つをバックアップします。

 

アーカイブ名 →分かりやすいように名前を付けます。

アーカイブ形式 → WindowsはZip、MacはTar GZipを選択。

 

 

保存方法 → 「フォルダーへバックアップ」にチェックを入れます。

送信先メールアドレス → そのまま

メールの送信元 → そのまま

エラー → チェックを入れます。

 

終わったら「変更を保存」をクリックします。

 

スケジュール

ジョブの開始方法 → WordPressのcronにチェックを入れます。

スケジューラーの種類 → 基本にチェックを入れます。

スケジューラー → 毎日3時に設定します。

 

DBバックアップ

バックアップするテーブル → 全部にチェックを入れます。

バックアップファイル名 → そのまま

バックアップファイルの圧縮 → GZip

終わったら「変更を保存」をクリックします。

 

プラグイン

そのままで大丈夫です。

 

宛先:フォルダー

格納するフォルダー → 分かりやすい名前を付けます。

ファイルを解除 → 30に設定します。

 

終わったら「変更を保存」をクリックします。

 

先ほどのように「今すぐ実行」→完了したら「バックアップ」から確認することができます。

 

Dropboxでバックアップを取る方法

Dropboxでバックアップを取っておけば、さらに安心です。というのもフォルダーが消えたらおしまいなので。笑

サーバー&データベースも方法は一緒で、「一般」の下の方にある「バックアップファイルの保存方法」でDropboxにもチェックをいれます。

 

次に「宛先:Dropbox」という項目をクリックし、「Dropboxのアプリ認証コードを取得」をクリックします。

 

このような画面が出てくるので、「許可」をクリックするとコードが出てくるのでコピーします。

 

赤枠内にコードをペーストし、「保存先フォルダ―」の名前を入力します。

終わったら「変更を保存」をクリックします。

 

これでDropboxへのバックアップは完了です!

Dropboxにバックアップが届いているか確認してみましょう。

 

プラグインにしては作業が多いのですが、備えあれば憂いなしです!

以上BackWPUpについてでした!