ライフスタイル

田端信太朗「ブランド人になれ!」を読んでみた感想

こんにちは、じゅんです!

かなり遅れてしまいましたが、田端さんの「ブランド人になれ!」を読んでみました!

もともと買う気はなかったのですが、書店の目立つところに置いてあって、手にとってみたらいつの間にかレジで買ってました笑

読んだ結果は・・・世間の評価通り面白い本でした!

以下内容と感想です!

「ブランド人になれ!」内容

内容としては

「サラリーマンは挑戦しまくれ!」

という感じです。

会社のことやSNS発信について田端さん自身の意見が詳しく書いてあります。

私は会社に入ったことがないので、会社ってこんな感じなのかとサラリーマン生活を想像しながら読んでいました。

私がこの本を取るまで田端信太朗さんについて知っていたことは

・Twitterで有名

・なんか炎上している

・ホリエモン・箕輪さんみたいな人

というなんともアバウトな知識でした。笑

でもこの本を読んで感じたのは

「田端さんってただのエリートサラリーマンじゃない?」

そう感じたのは私だけではないはず!

詳しくをいうと「炎上するエリートサラリーマン」かもしれない。笑

こんな立て続けにヘッドハンティングされる人っているものなのかと思いましたし、何より仕事に対するパッションがすごい!!

本からビリビリと情熱が伝わってきます。

さらに本を読んでいて名言も結構でてきたので、個人的にまとめてみました!

 

「ブランド人になれ!」の名言まとめ

 

「給料の値段はオマエが決めろ」

給料は普通会社が決めるものですが、田端さんの場合は

“自分で決める。だけどそれに見合った価値を提案する”

ということでした。

自分がどんな人物かをプレゼンテーションした上で、このくらいの仕事するからこのくらいの給料くださいと提案するってメンタル強すぎる!!!

私だったら途中で「あ、えと、やっぱなんでもないです…」と怖気付きます。笑

しかしこの提案をすれば、ほしい額の給料がもらえますし

その提案を断られたのなら自分はまだこの給料の額に見合ってないんだなと納得することができますね!

 

「年賀状という20世紀の遺物」

間違いない。笑

年賀状って確かにめんどくさいです。本当にめんどくさいです!笑

私は年賀状=あけおめメールだと思っていますので一切出していないのですが、両親は今だに出していますね。

おそらく年賀状作ってる人たちも「皆やってるから」という理由が大半です。

「失礼だ」「非常識だ」を口にし始めてから人間は退化が始まるそうなので、私は今後も年賀状は出さないかな。笑

 

「とにかく量をこなせ。量が質を生む」

これはメディア運営にも言えることですね!

有名なブロガーさんたちも何回も言っていますが、ブログは量をこなせばなんとかなります。

がむしゃらに書いていくうちに感覚が研ぎ澄まされていくと言うんですかね?

ブログは確かに質も大事ですが、それよりも量です。

質を考えるのはある程度量をこなしてからで大丈夫です。

 

「何も知らない金魚であれ」

この話で田端さんは面白い例を使っていました。

水槽の真ん中にアクリル板を入れると、その水槽を泳いでいる金魚は向こう側に行けないですよね。

しかし、そこの暮らしになれてしまうと、アクリル板を取っても金魚たちは向こう側に行こうとしないらしいのです。

金魚はどうせ向こうに行けないと諦めている状態なんだそう。

人間だけではなく、金魚にまでそんな考え方があるんだと思うと少し怖いですね・・・

しかし新しい金魚を入れて自由に水槽全体を泳いでいるのを見ると、今までいた金魚も向こう側に行けると気づくそうです。

無知は強みになるとはこのことですね。

 

「武士は打ち首。サラリーマンはノーリスク。」

究極すぎる!確かにそうなんだけども!笑

でもよくよく考えてみると、昔の時代の人たちって現代よりも命が無くなる機会が多い気がしません?

・病気

・死罪

・戦死

それに比べて今の時代は本当にノーリスクだと思います。

もちろん悪いことはしてはいけませんが、ビジネスにおいて失敗して殺されることはないので、ノーリスクと言えるかもしれません。

 

「虚が実を生む」

田端さん曰く、順番が逆なんだそう。

普通の人は出来るようになってから「できます!」と言いますが

まだできない時に「できます!」と言ってそれを現実にできるようにするのが田端流。

さじ加減は大事ですが、できそうならできると言っちゃった方が後々良いのかもしれません。

 

「限界までカネを使え」

これいろんな人が言ってる気がします。笑

確かZOZOの前澤社長も「お金は使えば使うほど増える」と言っていましたね!

確かに私も自己投資にお金を使うようになってからお金が増えました。

常識的には「何歳までにいくらためて、老後資金はいくらで..」といろいろ考えなくてはいけないらしいのですが、私もお金を自己投資に使うのには賛成です!

もちろん増えると思ったものに投資することが必要ですが!

 

まとめ

紹介した名言以外にも、たくさん教訓になるようなことが書いてありました!

ここまでぶっ飛んだサラリーマンは他を探してもいないのと思いますので

是非田端さんのぶっ飛び具合を吸収するために一読してください。笑