貯金・節約

ふるさと納税は食べ物以外もある?【ふるさと納税について解説】

こんにちは、じゅんです!

最近知ったのですが、ふるさと納税ってただ寄付をするだけではなく

お礼の品に食べ物や娯楽品までもらえるらしいです。知らなかったよ~笑

ふるさと納税はどうやら税金対策にもなるらしく、見た感じかなりお得そうなので

ふるさと納税についてまとめてみました!

ふるさと納税とは?

招き猫
招き猫
最近ふるさと納税ってよく聞くけど、ボランティアみたいな感じ?
じゅん
じゅん
ボランティアというより、納税と言った方がしっくりくるかも。

ふるさと納税とは、好きな地域の自治体に寄付できる(納税する)制度のことです。

私たちは生活していくうえで税金を払っていますよね?その税金の納め先が「自分の選んだふるさと」に変わります。なのでボランティアではなく納税です。

詳しくは後述しますが、ふるさと納税は義務ではないので

してもしなくてもどちらでもかまいません。

ふるさと納税はなぜ始まったの?

税収が少ないふるさとを支援するために作られた制度です。

ふるさとで育った人たちは、進学や就職で都心に行ってしまいます。そうすると都心から離れた地域の税収は少なくなってしまいます。

なので地方自治体と都心との格差をなくすためにふるさと納税という仕組みが出来上がったそうです。

とりあえず、「ふるさとはお金がなくて困っているので支援してほしい!」ということですね!

 

ふるさと納税の特徴①「お礼品がもらえる」

ふるさと納税という言葉が世間に広まったのも、このお礼品がとても豪華だからですね。笑

詳しくは後述しますが、お礼品としてもらえるものは幅広く

  • 食用品
  • 日用品
  • ホテル宿泊券
  • 航空券
  • アクティビティ

けっこう何でもあります!

招き猫
招き猫
アクティビティまでもらえるのか!

 

ふるさと納税の特徴②「寄附する自治体を選べる」

生まれ育った故郷に寄付しなくてはいけないというルールは一切ありません。

なので、お礼品に合わせて寄附する自治体を決めることができます。

もちろん旅行で行ってなんとなく好きだったからという理由でもokです。

 

ふるさと納税の特徴③「使い道が選べる」

ふるさと納税は寄付したお金の使い道まで選べる自治体もあるのだとか。

例としては

  • 子育て支援
  • 医療支援
  • 自然保護
  • 地域の活性化

などがありますね。

その地域に力を入れてほしい取り組みに対して支援ができるので「貢献してる感」を持てます。笑

 

ふるさと納税の特徴④「節税にもなる」

ふるさと納税は一応節税にもなります。

簡単な計算式としては

ふるさと納税の金額ー自己負担額2000円=所得税・住民税から控除される金額

です。

しかし自己負担額が2000円はかかり、この金額は控除に入らないのだそう。

 

招き猫
招き猫
な、なんか複雑すぎて分からないよ・・・
じゅん
じゅん
じゃあ下に例を載せておくね!

(例)ふるさと納税を10,000円払った場合

10,000円ー2,000円=8,000円

10,000円は実際に払っている値段。なおかつその中の2000円は自己負担なので控除に入らない。

なので8000円は税金として払われ、2000円は払っただけになってしまいますが、その代わり2000円以上の価値のあるお返し品がもらえる可能性あり。

つまりは、

「ただ税金を払うよりも、₊2000円払って2000円以上に良い物もらった方が良くない?」

というのがふるさと納税の仕組みです!

これさえ覚えておけばふるさと納税の本質を理解したようなものです。笑

なのでここでの節税というのは、商品の価値によって左右されますね。

金額的に言ったら節税とは言わないかも・・・笑

招き猫
招き猫
ふるさと納税は「お金が返ってくる制度」ではないから注意してね!」

 

ちなみに総務省では、だいたいの納税額の目安を搭載しています。

出典:総務省ふるさと納税ポータルサイト

 

給与収入が325万円の独身の方でしたら「超特選和牛サーロインステーキ1kg」が購入できますが、間違いなく2000円では購入できないのでふるさと納税はかなりお得なのです。

出典:さとふる公式サイト

 

計算は少しややこしいですが、控除上限額は人によって変わるので事前にシュミレーションで計算した方が良いですね。

参考サイト

さとふる公式サイト

 

ふるさと納税の特徴⑤会社員もできる

招き猫
招き猫
サラリーマンやOLもふるさと納税ができるってこと?
じゅん
じゅん
そうだよ!

ふるさと納税は会社員の方ももちろんできます。

もちろん税金を払って同じようにお礼品をもらえます。

今ではワンストップ特例制度という制度によって確定申告が不要になったので、申請は以前よりもかなり楽になりました。

私の周りでは、会社員でふるさと納税を知らない人が多かったので是非トライしてみてください!

 

お礼品は食べ物も食べ物以外も豊富!

招き猫
招き猫
お礼品ってなにがあるの?
じゅん
じゅん
うーんとね、食べ物からアクティビティまでいろいろあるよ!

先ほども言ったように、お礼品はかなり幅広いです。

ということで気になったお礼品をいくつか挙げてみます!

お肉

ふるさと納税=お肉というくらいふるさと納税においてお肉は人気商品です。

種類も豊富で

  • 黒毛和牛
  • 佐賀牛
  • 松坂牛
  • 宮崎牛
  • 松坂牛
  • 神戸牛

などなど、牛という牛は全て網羅されています。笑

お肉にも安い物だと10000円、高いものは定期便で200万円ほどのお肉まであります。

 

お米

お米もふるさと納税の中では人気商品です。

  • コシヒカリ
  • あきたこまち
  • つや姫
  • ミルキークイーン
  • ゆめぴりか

有名どころは全部ありますね。

お米は一年中食べるものですし、自炊をするんだったらなくてはならない存在なので、ふるさと納税のついでにゲットするのも全然アリですね。

 

美容品

女子にはありがたい美容品もふるさと納税はご用意しています!

しかし2000円以上の価値があってさらに美容に効果のある商品を探さないといけないので、ちゃんとレビューを見て選んだ方が良いかもしれません!

 

旅行チケット

私としてはこれが一番欲しいですね!

税金を払って旅行チケットがもらえるなんてありがたいです。

ふるさと納税では温泉旅行チケットが多いイメージなので、温泉に行きたい人はここから選んで買っても良いかもしれません。

 

パソコン

驚きなのですが、ふるさと納税ではパソコンまでもらえます!

寄付金は少し高くなってしまいますが、所得税や住民税の高い人はパソコンをお得に買うチャンスです。

もちろんパソコン以外の家電(掃除機・電子レンジ・炊飯器)なども取り扱っています!

 

その他にも

  • 伝統工芸品
  • ファームビジット
  • 熱気球体験
  • 打ち上げ花火

などなど、ふるさと納税で調べてみるといろいろ出てきて楽しいですよ!

 

おすすめのふるさと納税サイトは?

ふるさと納税サイトがありすぎてどのサイトを見ればいいか分からない人に向けて、目的に合ったサイトを選んでみました!

 

ふるさとチョイス

一番有名なのがふるさとチョイスですね!

クラファン的な要素も入っていて見ていて面白いですし、何よりサイトが見やすいです!

寄附したい自治体から検索するのも容易なので、手始めに見るサイトとしてオススメです!

ふるさとチョイス公式サイト

 

食べ物だったら「さとふる」

食べ物を検索するんでしたら私は「さとふる」が一番分かりやすかったです。

食べ物を種類ごとに探せますし、人気ランキングは毎日更新されています。

あとは商品ごとにレビューが見れるのも特徴ですね。

下記リンクから控除上限額のシュミレーションもできるので良かったら試してみてください。

さとふる公式ページ

 

感覚で選びたいのならば「ふるり」

画像を見れば分かると思いますが、ふるりは写真がとても綺麗なんです。

商品も物も美しく撮られているのでつい欲しくなってしまいます。

サイト自体もなんていうんですかね、ふるさと感が強い。笑

納税すれば喜んでくれる人が絶対いると思わせてくれるようなサイトです。

ふるさと納税「ふるり」

 

まとめ

以上ふるさと納税についてでした!

私もふるさと納税をしようと思っているのですが、フリーランスの場合は所得が年末まで分からないのでやるとしたら12月ですかね。

事前に払って納税しすぎてしまうのも嫌ですし・・・

今のうちに商品だけ決めとくことにします!