ブログの準備

サーチコンソールの登録方法と使い方!登録するメリットは?

こんにちは、純です!

今回は「サーチコンソールの登録・設定・使い方」について解説していきたいと思います!

サーチコンソールはGoogleアナリティクスと同じく、ブログ運営をしていく上で必須のツールなので是非登録してください。

サーチコンソールって何?

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果でサイトが表示されるようにすることはできますが、登録することで、サイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

出典:https://support.google.com

とグーグルさんはおっしゃっていますが、ブログ運営をしていく人は、以下2点ができるツールと考えている人が多いと思います。

①クローラーを呼べる

インデックスとは、もともとGoogleのクローラーが自分のブログを巡回しに来て、初めてインデックスされます。

そしてこのサーチコンソールは、クローラーに「記事書いたから見にきて!」と申請することができるのです。

まだブログを立ち上げたばかりはブログの力が弱いためクローラーが見過ごしてしまい、検索結果に自分のサイトが出ないことがあります。

そんな時にサーチコンソールを使えば、簡単にクローラーを呼ぶことができ、インデックスを早めることができます。

②検索流入キーワードが分かる

検索エンジンでサイトに行きついた場合、ユーザーは必ず検索キーワードを入れたはずです。

サーチコンソールでは、そのユーザーの使ったキーワードを全て調べることができます。

どのようなキーワードが需要があるのか・ないのかを調べることができるのはアクセスアップにも繋がります。

Googleアナリティクスとの違いは?

Googleアナリティクスとの違いは

・Googleアナリティクス

「どれくらいアクセスが来たか」

「どのくらい滞在したのか」

→サイトに来た後の情報

 

・サーチコンソール

「どのようなキーワードできたのか」

「どのくらいクリックされたのか」

→サイトに来る前の情報

といった違いがあります。

なのでこの2つのツールをおさえれば、サイト分析はバッチリです!

サーチコンソールの登録・設定方法

①サーチコンソールの公式ページへいき、Googleアカウントでログインします。

 

②サイトのドメインを入力し、「プロパティを追加」をクリックします。

 

③所有権の確認画面に移ります。

「別の方法」をクリックし、HTMLタグでmetaタグをコピーします。

④コピーしたものをWordPressに張り付けます。

「外観」→「テーマの編集」をクリックします。

 

⑤右のファイルの中から、テーマヘッダー(header.php)をクリックします。

⑥「head」~「/head」内に貼り付けます。

最後に「確認」をクリックし、「所有権を確認しました」と出れば設定完了です!

 

クロール申請をしよう

冒頭で話したクロールを呼ぶ方法は以下です。

①左バーの「クロール」→「Fetch as Google」をクリックします。

②枠内にURLを入れ、「取得」をクリックします。

 

③「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

間違ったURLやまだ投稿していないURLを入れると下記の「リダイレクトされました」や「見つかりませんでした」が出てきますので、URLを確認してから「取得」をクリックしましょう 。

 

④ロボット対策にチェックを入れ、「このURLのみをクロールする」をチェックし、「送信」を押します。

これでクローラーに申請をすることができました!

検索流入キーワードを見るには?

①まずは左バーの「検索トラフィック」→「検索アナリティクス」をクリックします。

 

②「クエリ」にチェックを入れ、下にスクロールすれば検索流入キーワードをクリック数順に見ることができます。

分析をするときは「クリック数」「表示回数」「CTR」「掲載順位」全てにチェックを入れるのがおすすめです。

サーチコンソールを使いこなして、アクセスアップを図りましょう!

 

以上サーチコンソールの設定・使い方についてでした!